業者独自のサービス

白い家の模型と四葉のクローバー

1973年の853万人をピークに、引越しをしている人は減少傾向にあります。これは社会構造の変化や、人口の減少がなども影響しており不可避が部分が大きいですが、その原因はどうあれ市場規模の縮小を見据えてサービス展開をしている引越し業者が増えつつあり、今後もその取り組みが続くと見られています。 その取り組みの一例として、引越し業者が行っているのが、サービスの独自化です。他には無いサービスを提供することで、その需要をさらに取り込もうとするもので、最近では耐震対策のための商品の販売などを行う業者も出てきています。耐震パッドなどがそれで、引越し時の家財の移動の時に敷くことで、手間を省いて震災対策ができます。 このような顧客獲得のための業者のサービスの独自化はこの先の続くと業界関係者は予測しています。

大手から中堅、個人事業主が行っている軽貨物運送など引越しを取り扱う業者は多数あります。その中で大手を選ぶことは、安心できる見積もりや分かりやすい料金、サービスの品質の高さや豊富さなどがメリットです。しかし利用にあたっては注意をしたい点もあります。 大手の引越し業者を利用する上での注意点の1つが、値段が高いことが多いという点です。これはメリットである、サービスの品質の高さや豊富さとトレードオフの関係にあります。他の注意点として、場合によっては下請け業者が作業を行うケースがあるということです。しかもそのやってくる下請け業者が当日まで分からないこともあります。 大手の引越し業者を利用する場合はメリットが多いですが、一方でこのように注意点もあるので、事前に知っておいてサービス利用をしておいた方が無難です。